広島国際平和会議Ⅰ

10/31 21:10 広島空港。とうとうこの日が来た。あのおばさんたちがNYからやってくる。飛行機は10分のディレイで到着。中々姿が見えない・・・あっ、ホンマに来た。でも二人?肝心のパフォーマーが来ない。と、3分遅れてやってきた。これで、何とか頭を下げないですむ、とその時は心底ほっとした。しかし、これが本当にそうであったのか、今となっては非常に悩むところである。
NYからのリストは4名。ひとりが見当たらないので、尋ねると23時くらいに列車で来るとのこと。本当?と思いつつしばらくして、Dr.Judyが何気に携帯番号のメモを示す。これはジュディーの携帯だと早合点した私は、その番号を押す。”hello!・・・”
誰これ?一瞬パニックに陥った私は携帯をジュディーに渡す。どうやら、あとのもう一人ニールの番号だったようだ。あとから彼は日本語をしゃべると聞いて冷や汗が流れた。
そうこうして、ホテルに着き、ミーティングをした後、若干腹をすかせた彼女たちを私たちは流川方面に送っていったのだった。流川通りでリリースすると、隣の仲間が「あれ、原田さんですよね」と唐突に言う。ふと横を見ると原田真二だっ!「原田さんですよ!」すると、その知人「中垣さぁーん、原田さんがいますよ」と叫ぶ。それに反応した原田さんは中垣さんに歩み寄り、親しげに会話を交わす。こうして、詰めていなかった鎮守の杜でのコンサートの打ち合わせも一丁あがり!幸先のよいスタートを切り、このNPOはつくづくついているなぁと感心したのだった。しかし、そういった偶然に気をよくした彼女たちが、天狗になっていくのを必然だと感じなかった私たちは全くもって甘かった・・・

KOUENJI,Hiroshima,Japan