検索サイトの闇

注:以下の現象はスマホ(Android端末)では発生しません。iPhoneは分かりません。光圓寺住職とは全く関連性のないことだけは重ねて言っておきます。

 物騒なタイトルではありますが、次のようにすると面白い現象に遭遇します。まず、検索サイトをMicrosoft Bingに変えて(Bingで検索)、Bingの検索ワードに

観世音陵苑

と打ち込みます。すると、多分中段くらいに画像一覧が出ると思います。出なかったら、画像のタブをクリックしてください。そこに、住職の顔写真が載っています。そこで、住職の写真をしつこく(2~3回)クリックします。すると、その宛先には、ある会社のロゴマークが映し出されると思います。それが、・・・・・の正体です。

 これは二週間前に私が気付いて、削除依頼を検索サイトのMicrosoft社とキャッシュページのJetpack 双方にお願いしていたのですが、Jetpackの方が処理が早かったみたいです。

 本来は、うかつにも自分で削除できないキャッシュページにサイトの情報を置いてしまった私に落ち度があるのですが、ずっと残されるのも嫌なので、削除依頼をお願いしました。その過程で問題の画像を入れ替えています。それで、今現在は新しく変えた画像が残されています。それがはっきりと確認されたならば、それがその正体です。

 Google検索ではそのような事象は発生しません。確認できたのはMicrosoft社のBingのみです。

 また、あまり書くと弁護士事務所からまた内容証明を送りつけられるかもしれませんので突っ込みませんが、その 広島 紅葉(英語) 法律事務所 のN弁護士の経歴、同級生の方から指摘していただいても直らないようなので指摘しておきます。1970年生まれの1986年高校卒です。飛び級が当時の修道にあったとは考えられません。.comと.jpがありますが、新しいと思われる.comの方です。

広島 紅葉(英語に変えて) 法律事務所 で検索です。

KOUENJI,Hiroshima,Japan