NY渡航記2009初日


今年もNPO法人「子どもの未来と平和を考える会」のサポートでニューヨークに行ってきました。今回の日程は9/8発-9/12広島着の超短期日程で、9.11の諸行事自体はNPO本体に任せて、現地とのネゴシエーションを主体に行いました。
今回のフライトは成田発のコンチネンタル航空でニューヨークのお隣、ニュージャージー州のニューアーク国際空港に到着します。なぜコンチネンタルにしたか、というと、今まで利用してたノースウェストの関空-デトロイト便が廃止され、12日中に広島まで帰ってこようとすると、他にはユナイテッドくらいです。ユナイテッドはちょっと高かったので必然的にコンチネンタルになりました。宿はペン・ステーションに近いHilton Garden Inn Chealsea を取りました。ツインで一部屋24,000円くらいなので、ニューヨークにしては安価です。写真はホテルからの夜景です。(一応ちょっと高いマーベラスビューの部屋にした)
フライトの関係でホテルに着いたのは夜の7時近く。今日はニューヨークで活躍するJAZZギタリストの高免君と夜遅く打ち合わせというか懇親会です。彼は7月にモントリオールジャズフェスティバルにも参加した新進気鋭のJAZZメンです。
22時前にペン・ステーション前で待ち合わせということで、その場に行ってみると、見慣れない女性が・・・そう、5月に結婚された奥様です(知らなかった)。どこに行きましょうか、というとこの近くにコリアンタウンがあるのでそこでもいいですか?と。実はその前にステーキを食べていたのですが・・・
そこで、焼肉?(白髪ねぎを肉で巻いて食べるのがニューヨークスタイルらしい・・・本当かどうかは怪しい)を食べながら、和気あいあいと時間は過ぎて行きました。
高免君はNY広島会の主要メンバーで、以前はハーレムの子どもたちの絵を8.6の広島に送ってもらったりしたんですよ、と話すとたぶん某々という人が動かれたのだろうから話してみますよ、と快く今後の事業についても協力を申し出てくれました。・・・たぶん

KOUENJI,Hiroshima,Japan